よくある質問

[レクチャー卓?フレーム/AVワゴン]

  • 素材について
全機種、最高グレードのF★★★★
ホルムアルデヒド等級區分は、化粧板?基材?接著剤すべて F★★★★適合素材を使用しています。

本體化粧板は、全機種「非塩化ビニル」
メラミン?ポリエステル?オレフィン化粧板を主體としています。 塩化ビニルシートは一切使用していません。

RoHS適合製品
RoHS指令に適合した製品を供給しています。
  • 組立について
組立について
一部の製品を除き、組立不要の完成品でお屆けいたしますが、運送時の破損を防止するため、ガラス扉のみ取り付けておりません。付屬の「組立説明書」をお読みになり、手順に従って作業してください。なお、配送員による組立サービスは承っておりません。また、端子盤は、レクチャー卓、フレーム/AVワゴンに取り付けられておりません。
  • 卓?ワゴンカラーについて
4色の中からお選びいただけます。
ライトブラウン
高級感のある木目調のライトブラウン=M
ブラック
シックなブラック=B
ホワイト
何とでも合わせやすいホワイト=W
ダークブラウン
落ち著きのある木目調のダークブラウン=DM
対応製品=CEDXUTF?CTS18TF
  • 穴開け加工について
穴開け加工について
「側面用端子盤」を取り付ける穴は、ノック穴構造です。簡単な工具で穴開けができますが、加工をする際、付屬の「取扱説明書」をお読みになり、手順に従って作業してください。
  • 「側面用端子盤フレーム」取付開口方法
「側面用端子盤フレーム」取付開口方法
① A の部分にカッターナイフを入れ、穴をあけ目印とします。
② ① で開けた穴から取り付けたいパネルサイズに開口を行います。取付フレームには切口を隠す縁枠があります。
  • 機上配線孔の取付目印
機上配線孔の取付目印
「M3ねじ」をはずすことで、配線孔の裏面に取り付けるフレームとMFPプレートを取り付けるフレームは分離ができます。BOX-Bの場合「M3ねじ」が背板側、BOX-2-B?BOX-3-Bは「M3ねじ」が卓の中心側にくるようフレームを取り付けてください。
※配線孔用端子盤フレーム、MFPプレート取付フレーム、MFPプレートいずれも機上面からの設置はできないのでご注意ください。
  • 搬入について
搬入について
商品は、お客様指定の場所へのお屆けおよび開封となります。梱包資材は、ご希望により運送業者が引き取らせていただきます。また、製品は一部の製品を除き、完成品でお屆けするため、搬入ルート(エレベータなど)、十分な間口が必要となります。
  • 製品の移動について
製品の移動について
レクチャー卓およびフレーム/AVワゴンにはキャスタがついていますが、長距離や悪路で移動した場合、キャスタが破損する恐れがあります。キャスタでの移動は平らな場所での、短距離のみとしてください。
  • 屋外での使用について
屋外での使用について
室內での利用を目的としているため、屋外では使用しないでください。屋外で使用された場合、漏電やショートなどにより感電する恐れがあり、大変危険です。
  • 運送便について
運送便について
レクチャー卓およびフレーム/ AVワゴンは、クロネコヤマトの「らくらく家財宅急便」でお屆けします。
  • ユニット組立式について
  • システム構築や運用に合せて、 上臺?下臺?キャスターベースなどを選定する現場組立式です。
  • ユニット組立式としたため、 エレベータや狹小な扉?通路?階段などの搬入経路にも適しております。
  • 収納式扉のユニットはオリジナルスライドレールにより扉収納時の突出寸法を最小限に抑えました。
  • さまざまなロケーションを考慮し、上臺はテーブル面がフラットなタイプなどを揃えました。
  • 基本の底板は木製臺輪型ですが、 キャスターベースもラインアップに加えました。
[ CDQ26シリーズ ]
ユニット組立式について
[ 機上までの高さ ]
標準臺輪型:700mm
φ75キャスターベース: 788mm
φ100キャスターベース: 814mm
[ 単位:mm ]
[ CDQ13シリーズ ]
ユニット組立式について
[ 機上までの高さ ]
標準臺輪型:700mm
φ75キャスターベース: 788mm
φ100キャスターベース: 814mm
[ 単位:mm ]
  • 『コンソール収納部に搭載可能なEIA機器の奧行き』について
[ CT30T10/CT16T10/CT16TW10奧行き ]
CT30T10/CT16T10/CT16TW10奧行き
  • CT30T10
  • CT16T10
  • CT16TW10
[ 単位:mm ]
[ CT30T6/CT16T6奧行き ]
CT30T6/CT16T6奧行き
  • CT30T6
  • CT16T6
[ 単位:mm ]
[ CT16TW6奧行き ]
CT16TW6奧行き
  • CT16TW6
[ 単位:mm ]
[ CT16T6D80奧行き ]
CT16T6D80奧行き
  • CT16T6D80
[ 単位:mm ]
[ CDQ26?CDQ13 6Uコンソール奧行き ]
CDQ26?CDQ13 6Uコンソール奧行き
  • CDQ26?CDQ13 6Uコンソール
[ 単位:mm ]

[サポートアングル]

  • 『 棚ダボ利用固定式 』について
『 棚ダボ利用固定式 』について
  • 棚ダボ穴がある位置より1U上の機器をサポートすることが可能です。
  • 固定は木ねじのため、同じ位置への繰り返しての固定ができません。
  • 『 前後EIAアングル固定式 』について
『 前後EIAアングル固定式 』について
  • 前後のEIAアングルの側板側にタップがあり、M5ねじで固定します。
  • M5ねじのため上下の付け替えや同じ位置への繰り返し固定も可能です。
  • CWRシリーズのみ。
  • 『 タップバー固定式 』について
『 タップバー固定式 』について
  • 前のEIAアングルと側板に取り付けたタップバーにM5ねじで固定します。
  • 背面スペースが空くため配線用のダクトや結束バーなどが取り付け可能です。
  • M5ねじのため上下の付け替えや同じ位置への繰り返し固定も可能です。
  • 『 フレーム固定式 』について
 『 フレーム固定式 』について
  • フレーム型のワゴンおよび卓の標準仕様です。
  • M5ねじのため上下の付け替えや同じ位置への繰り返し固定も可能です。
  • CFWシリーズ、CFTシリーズのみ。

[キャスタ?アジャスタ]

  • 『 平付けプレートタイプ 木ねじ止め 』について
『 平付けプレートタイプ 木ねじ止め 』について
  • 大型キャスタへの取り替えは木ねじを外しておこないます。
  • 同じ位置へは、木ねじは取り付けができませんので、変換ベースで別の場所へ木ねじで取り付けます。
  • 『 平付けプレートタイプ ミリねじ止め 』について
『 平付けプレートタイプ ミリねじ止め 』について
  • 大型キャスタへの取り替えはM6ねじを外しておこないます。
  • 平付けプレートが同寸法なので同じ位置にM6ねじで取り付けます。
  • 『 ねじ込みタイプ 併用ベース型 』について
『 ねじ込みタイプ 併用ベース型 』について
  • キャスタの取り替えはキャスタ本體のねじを外します。
  • 取り付けも同タイプのキャスタ本體のねじをねじ込みして取り付けます。
  • アジャスタはキャスタベースの違う場所へ取り付けます。
  • 『 ねじ込みタイプ 兼用ベース型 』について
『 ねじ込みタイプ 兼用ベース型 』について
  • キャスタ?アジャスタの取り替えは本體のねじを外しておこないます。
  • 同じ位置へキャスタもしくはアジャスタをねじ込みして取り付けます。
※キャスタとアジャスタは同時に取り付けはできません。
  • 『 ねじ込みタイプ スチール兼用ベース型 』について
『 ねじ込みタイプ スチール兼用ベース型 』について
  • キャスタの取り替えはアジャスタ本體のねじを外します。
  • 同じ位置へキャスタ本體をねじ込みして、取り付けます。
※キャスタとアジャスタは同時に取り付けはできません。

[卓?ワゴン用製品]

  • 『 80mmファン取付パネル 』の推奨ファンについて
『 80mmファン取付パネル 』の推奨ファンについて
推奨ファン寸法 [ 単位:mm ]
  • 『 空気孔(レクチャー卓背板用) 』の色合いについて
 空気孔樹脂型の色合い
樹脂型
  • ①M:ブラウン ※光沢あり(化粧板:ライトブラウン)
  • ②B:ブラック ※光沢あり(化粧板:ブラック)
  • ③W:乳白色 ※光沢あり(化粧板:ホワイト)
  • ④DM:ブラウン ※光沢あり(化粧板:ダークブラウン)
 空気孔木枠スリット型の色合い
木枠スリット型
  • ①M:ライトブラウン
  • ②B:ブラック
  • ③W:ホワイト
  • ④DM:ダークブラウン
 空気孔木枠ガラリ型の色合い
木枠ガラリ型
  • ①M:ライトブラウン
  • ②B:ブラック
  • ③W:ホワイト
  • ④DM:ダークブラウン
 空気孔木枠ファン用スリット型の色合い
木枠ファン用スリット型
  • ①M:ライトブラウン
  • ②B:ブラック
  • ③W:ホワイト
  • ④DM:ダークブラウン
  • 『 木枠ファン用スリット型 』の推奨ファン寸法
『 木枠ファン用スリット型 』の推奨ファン寸法
空気孔の木枠ファン用スリット型のファンは推奨寸法のファンが取り付くようになっていおります。 [ 単位:mm ]

[ EIAマウント製品 ]

  • EIA引出ユニット『 左右非対稱EIAマウントアングル 』について
EIA引出ユニット『 左右非対稱EIAマウントアングル 』について
左右非対稱のアングルを利用することで、卓?ワゴン內の左右どちらかの配線スペースを大きく確保できます。[ 単位:mm ]

[MFP?CPシリーズ]

  • MFP( MFPS )シリーズ 『 フル?ハーフ?ミドルサイズ 』について
ハーフサイズ 2枚分のスペースが、フルサイズです。 [ 単位:mm ]
ハーフサイズ
ハーフサイズ
フルサイズ
フルサイズ
ミドルサイズ
ミドルサイズ
  • CPシリーズ 『 取付枠 』について
シリーズ名には『 CP 』?『 KP 』?『 ZP 』?『 CPS 』の4種類があります。 『 ■■ 』の部分に該當のシリーズ名を記入してください。
CPシリーズ 『 取付枠 』について
コンセント単體寸法
シリーズ名:CP=コンセント単體
一般的なコンセント取付枠に対応したAVコンセント。インナーコンセントにも取付可能です。
金屬枠
金屬枠寸法
シリーズ名:KP金屬枠 フルカラーモダンプレート用金屬枠付き
當社製CPシリーズに金屬取付枠WN3700(パナソニック製) を取り付けました。
絶縁枠
絶縁枠寸法
シリーズ名:ZP絶縁枠 コスモシリーズワイド21用絶縁枠付き
當社製CPシリーズに絶縁取付枠WTF3710K(パナソニック製)を取り付けました。
シリーズ名:CPS=2/3サイズのAVコンセント
  • CP?CPSシリーズ 『 色 』について
CP?CPSシリーズ 『 色 』について
色については 『 I 』?『 W 』?『 S 』?『 B 』の4種類があります。 『*』の部分に該當のアルファベットを記入してください。
AVコンセントアイボリー
色:I=アイボリー
AVコンセントホワイト
色:W=ホワイト
AVコンセントシルバー
色:S=シルバー
AVコンセントブラック
色:B=ブラック
  • 『 端子臺タイプ 』について
端子臺タイプは、はんだ式端子に加えて、ねじ式や挾み込み式の端子を組み合わせたタイプです。現場でのはんだ付け作業を軽減できます。
『 端子臺タイプ 』について
同軸用端子
內部導體:はんだ付け
外部導體:ペンチ等で挾み込み
[適応同軸ケーブル]
1.5C1.5C-2V相當
3C3C-2V相當
ケーブル外徑が細い場合は、付屬のテープを巻き付け、外徑を調節してください
※ケーブル外徑が細い場合は、付屬のテープを巻き付け、外徑を調節してください。
VESA-DDC用端子臺(ねじ式)
VESA-DDC用端子臺(ねじ式)
[ 適応電線サイズ ]
0.14~0.5?(撚線?単線)、AWG26~20
アクセサリ用端子
アクセサリ用端子
[ 適応電線サイズ ]
0.14~0.5?(撚線?単線)、AWG26~20
※基板に直接はんだ付け
ステレオミニジャック用端子臺(ねじ式)
ステレオミニジャック用端子臺(ねじ式)
[ 適応電線サイズ ]
0.14~1.0?(撚線?単線)、AWG26~16
※MFP-H15SMSJ-*C?*P-H15SMSJ-*C-*のステレオミニジャックは、はんだ式です。
  • 『 分離型?一體型 』について
分離型分離型 ? 一體型一體型は、ねじ式端子臺を採用したソルダレスタイプです。現場でのはんだ付け作業が不要です。
分離型
分離型分離型は背面の接続部分が分離するため、別の場所で前もって接続できるなど、配線作業が容易です。
一體型
一體型一體型は接続部分とコネクタが一體型で、分離型に比べて奧行きが少なく、省スペースです。
〈 ご注意 ! 〉上記イラストはDsubソルダレスのイメージです。XLRタイプは端子臺が3ピンになりますのでご注意ください。
[ 適応電線 ]
適応電線サイズ 0.14~1.0?(撚線?単線)、AWG26~16
※棒端子を使用する場合は、次の端子を推奨します。AI0.25-8YE ? AI0.34-8TQ ? AI0.5-8WH (フェニックスコンタクト製)
  • 『 淺型ボックス推奨製品 』について
『 淺型ボックス推奨製品 』について
淺型ボックスにはL型中継タイプの*P-HDMEJL-*をご使用ください。
パナソニック製スイッチボックス DZA161W(淺型)
[ 単位:mm ]
  • CPシリーズ 『 HDMIケーブル取り付け例 』について
CPシリーズ 『 HDMIケーブル取り付け例 』について
コネクタ根元に無理な曲げが加わると正常に使用できない可能性があります。狀況に応じてL型中継タイプをご使用ください。

[ディスプレイ金具]

  • 『 ワンタッチロック機構 』について
『 ワンタッチロック機構 』について
ディスプレイの設置と取り外しが容易に行えます。壁掛金具が薄ければ薄いほど、ディスプレイ設置時に手や工具が入らないため、下部の金具 脫落防止ビスが回せず、金具の固定ができませんでした。弊社の壁掛金具はワンタッチロック機構(寫真)を搭載することで、下部の金具 脫落防止ビスを回すこと無く、簡単に金具を取り付けることができます。また、備え付けの固定ビスを回すことによって完全固定が可能です。

▲TOPページへ

ページトップへ戻る
亚洲精品国产免费无码